制服は大きめでよい

初めて購入する幼稚園の制服は大きめでよい

幼い我が子が幼稚園に通うとなると、制服があるところではそれを揃えなければなりません。ですが、大変高額なところもあるので見栄えということもあるのですが、経済的なことも考えなくてはいけません。そういった考えの中には、すぐに成長してしまう子どもの身体を見越して、制服を揃えるということもあります。幼稚園に入園する子どもが長男であるとか長女である場合、一般的にその親は初めて子どもを入園させる体験をするわけです。そのため、そのような親は入園する幼稚園が制服を着用するようになっていると、多くの親が制服を購入しているといわれています。

その幼稚園の制服を購入するときに初めての子どもだと、戸惑ってしまい状況を理解していないまま、その時点の子どもの身体にあったものを購入してしまう人もいるのです。幼稚園に通う子どもの年齢であれば、成長が著しくて服にズボン、靴などのサイズがすぐに合わなくなってしまうのは、誰もが知っている周知の事実です。そのため入園において、その時点でサイズの合うものを購入するのか、それとも成長することを見越してちょっと大きめのものを購入するのかを、前もって検討しておく必要があるのです。たとえば、入園時は身体のサイズにピッタリなものを購入しておいて、その後は知り合いから譲り受けたものを着させている、というような対応をしている人もいるのです。また、幼稚園に行っても普段は体操服で過ごしているだけなので、サイズにはあまりこだわらなくてもよいといっている人もいます。

制服のサイズなどについては、例年どのようになっているかということを、購入する前に幼稚園の先生などにあらかじめ聞いておくことも良いようです。それは、成長が早いからと思って大きめなものを購入したら、周りの子がピッタリサイズであったということにならないようにするためです。確かに経済的には良いのかも知れませんが、ひとりだけぶかぶかなものを着ているというのも可愛そうな話です。また、先生のほかにも制服を取り扱っている服屋さんに、毎年新しく入園する子どもがだいたいどのサイズを購入しているのかを、確認してみることも良いとされています。さらに、先に幼稚園に入園している子どもを持つ親などに、どのようなサイズ購入したらよいのかということを、尋ねてみることも良いといわれています。いずれにしても、周りの人たちとコミュ二ケーションをよくとって、情報を集めて自分に合う対応方法を考えておくことが望まれるのです。