サイズ直しについて

幼稚園の制服のサイズ直しについて

幼稚園の制服を購入する際は、子供の成長を見込んで大きめのサイズを購入する親御さんは多いのではないでしょうか。できるだけ買い直しをせずに卒園してほしい、というのは誰もが願うことでしょう。しかし、大きめのサイズを購入すると、最初は袖などがかなり長く、サイズ直しは避けて通れません。上手なサイズの直し方とコツとはどのようなものでしょうか。

幼稚園の制服のサイズ直しで最も多いのが袖の直しです。ズボンやスカートは、ボタンの位置を奥にしたり、吊タイプであれば多少大きめでもなんとかなります。袖が長いと、何をするにも邪魔になりますし、また袖口の生地が傷みやすくなるというデメリットもあります。幼稚園の制服で、袖を直す必要があるのがブラウスと上着です。ブラウスは、最も綺麗な直し方は肩の部分から直すことですが、素人には難しいため、袖の途中(ひじの部分)で詰めるのが一般的です。見た目に詰めたあとが出ますので、気になる方は、肩から詰める方法をとりましょう。袖の途中で詰めるには、裏側から袖の詰めたい部分をつまんで半周縫えば、タックをとったような形になります。1周縫えば完全に詰めた形になります。次に、ジャケットの袖詰めですが、これも肩で詰めれば綺麗ですが難しいため、簡単に直す方法として袖口を折り返して詰める方法をおすすめします。詰めたい長さを裏側に折り返し、縫うだけなのでとても簡単です。

このように袖を直すだけでサイズの大きめの幼稚園の制服も、快適に着ることができます。しかし、子供が成長して、詰めた部分をもとに戻した際にはどうしても詰めた部分に折り目がくっきり出てしまったり縫い目の跡がついてしまっている場合もあります。幼稚園で活発に遊んでいれば、袖口だった部分などはほつれが出ていることも考えられます。そのため、人によっては縫って直すことはせずに、大きいうちは袖を折って対応する、アームバンドなどを上手に使って袖を短くするなどの方法をとっている方もいます。また、最初からプロに依頼しより目立たない方法でサイズ直しをする方もいます。最初に大きめを購入して直して使っていたけれども、結局新しいサイズを買いなおすことになる場合もあります。なるべく制服の買い直しを抑えられればそれに越したことはありませんが、サイズ直しであれば自分で行うかプロに依頼するか、新たに購入するかしないかなどは、子供の成長と状況に合わせて臨機応変に対応するのがよいのではないでしょうか。